粒こんにゃく

ムカゴこんにゃく芋でご飯をつくりました。
過食、運動不足が原因で、内臓脂肪が蓄積するメタボリックシンドロームが社会問題となっています。3〜5倍ほど心筋梗塞や脳梗塞の危険性が増えるといわれています。その対策には食生活を改善し、カロリーと糖質の摂取を抑えることが重要です。食生活の改善に「粒こんきらり」を提案します。古くから日本人の体を守ってきた、こんにゃく食品をお選びください。原料は、乾燥糸こんにゃくと同じく、インドネシア自生種の「ムカゴこんにゃく芋」です。

無農薬で栽培された安全性が高く、食物繊維も豊富な「粒こんきらり」でヘルシー生活を。

粒こんにゃくの魅力

①カロリーを約30%カットできます
糖尿病、肥満症などでカロリー制限の必要な方にお奨めです。
②たっぷりのこんにゃく食物繊維
カロリーを30%カット(ごはん:DBK-GN=1:1)の場合、
一合炊飯分のこんにゃく食物繊維は約3.3g   になります。
これは普通の板こんにゃく1枚分に相当します。
③いつもの炊飯でOK!
お米の一部を「DBK-GN」に置き換えて、いつもどおりに炊飯するだけです。
④冷凍保存もできます
炊飯後、冷凍保存して電子レンジで解凍すればおいしく召し上がれます。
  
賞味期限:常温で2年

11250146_492b58d85085e

「粒こんにゃくの紹介」

【原材料】でんぷん、こんにゃく粉、貝カルシウム、水酸化カルシウム、クエン酸
【栄養素】100gあたりの栄養表示。※財団法人日本食品分析センター

エネルギー 344kcal
※炊飯後は88kcal
タンパク質 0.1g未満
脂質 0.2g未満 糖質 81.6g
※炊飯後は20.7g
ナトリウム 77.9mg 食物繊維 8.1g
カルシウム 264mg

「粒こんにゃくの使い方」

お米とまぜて炊飯する場合

1.お米だけを洗い、水を切る。※粒こんきらりは、洗わないでください。
2.水を切ったお米に、粒こんきらりを加える。1袋(65g)がお米一合に相当します。水加減は、通常の炊飯器の目盛と同じです。
3.水を加え、軽くかき混ぜ、通常通りに炊飯してください。

お料理に利用する場合

・10倍以上の水で10分ほど煮て戻し、お湯を切ってから料理にお使いください。(水洗いは不要です)
・1袋65gを煮戻しすると約320gに膨らみます。
※リゾット、パエリア、スープの具材などには乾燥のまま使えます。

PAGETOP